はじめて消費者金融を利用する人が知っておきたいこと

初めて消費者金融を利用する人のために役に立つ情報をお伝えします

返済遅れのペナルティ

消費者金融でお金を借りたあとには返済をしなければいけません。約定返済日に約定返済額を返済する必要があります。わかりやすくいうと、毎月決まった日に契約で決めた最低額を支払わなければいけないということです。

約定返済日に約定返済額を返済しなければ、翌日以降は遅延損害金が発生します。

それだけでなく、消費者金融によって支払いを求める電話がかかってきたり、書類が届いたりもします。最悪の場合は訴えられて一括での全額返金を求められてしまうことにもなりかねません。また、長期の返済遅れは信用情報機関にその情報が載り、延滞の解消後も信用情報機関により年数は異なりますが、1年または5年にわたり記録が残ります。

信用情報機関に記録されている情報は借り入れの審査で閲覧されるため、返済遅れがあることが発覚して審査を通過しにくくなってしまうのです。

返済遅れにはこうしたペナルティがあるため、しないに越したことはありません。消費者金融によっては、事前の手続きにより約定返済日を変更することも可能です。返済遅れを絶対にしないという自信がない人は、約定返済日を別の日に変更することができる消費者金融に契約申し込みを行う候補にするとよいのではないでしょうか。

→無利息期間ありがお得